maintitle_back.png

丸宗の“らしさ”とは

パナソニック提携の素顔

手づくり

50年の

丸宗建設

先進工法の

パナソニック

ご希望に応える

丸宗の進化型

その背景にも、

丸宗建設は自らの技と経験で、

安心をお約束する、

高耐震・高性能の家を

建てることが

パナ提携R.jpg

お客様のご希望が!

できます。

しかし、​こんな声も

さらに強い「木の家」にしたい。

柱の間隔をあけ、開口部がもっと広い「木の家」にしたい。

「木の家」で、

1階に広いガレージを。

当社なら重量鉄骨工法やRC(鉄筋コンクリート工法)で対応できますが、

木の家となると限界が……

家の強さを、

科学的なデータで明確にしたい。

制震機能を付けたい。

可能ですが、

地域の工務店では

​得意とは言えない領域でした。

「希望に応える」丸宗建設は、

1997年 静岡市の業者として初めてパナソニックと提携。

先進の木の家を造る、テクノストラクチャー工法を、自社工法に加えました。

style02_flow01_edited.jpg

これにより、上記の声をはじめ、様々なご要望を

ハイレベルにクリア。

先進システムや主要部材の

提供はパナソニックですが、

プランニングや建築は、

style02_flow01_edited.jpg

あくまで丸宗建設。

地元工務店の経験・技術と、

パナソニックの先進性を融合する画期的な新体制は、

積み上げています。

すでに400棟超の建築実績を

テクノストラクチャー工法だから

安心、というわけではありません。

緻密な施工があってこそ。

すなわち

工務店の力量が問われる。

それはどんな工法でも同じです。

丸宗建設+パナソニックの

テクノストラクチャー工法とは

木と鉄を融合し、

高耐震の「木の家」を

家で最も重みを受ける梁(はり)に、木と鉄を融合した開発材を採用。

木の味わいを守りながら――
★木材より → 曲げ強度で3倍以上
★たわみ量は → 約1/4以下
★圧倒的な強さへ。

style02_image01.jpg

接合部には強度試験を重ねた金具。

壁には独自の耐力壁。耐震性を徹底して高めています。

設計自由度の高い「木の家」を

柱と柱の間隔をあけることができるため、従来の木の家に比べ設計自由度がアップ。

木の家の常識を越えて、開口部がよりワイドなリビングや、1階に広いガレージを設けることも可能に。

規模の大きな施設なども「木造」にできるほどです。

style02_image02.jpg

1棟1棟、災害シミュレーション

の上、構造計算

2階建以下の木造住宅(延べ床面積500㎡未満)には、構造計算の法的義務がありません。

しかし本工法では、

家の強度を隅々まで計算。

コンピュータ上で地震や台風の力をかける実験を繰り返し、ベストバランスを決めるという、究極の構造計算をしています。

style02_image03.jpg

言わば通常の家は

「健康診断をした家」。

テクノストラクチャーの家は

「人間ドックを済ませた家」なのです。

耐震+制震も可能。

ご要望に応じて「制震」システムの導入も可能。

振動エネルギーを吸収して揺れ自体を抑制。

ご家族と家を守り、家具などの転倒も防止します。

免震装置に比べて安価に導入できる点も、注目されるポイントです。

tree_c-5.png